当院では新たにキャノン製のDR装置、osirixを導入しました。

レントゲンを照射するとDR装置ではすぐにパソコン上に表示されるため、従来のフィルムを現像するものに比べて時間を短縮し、動物への負担が軽減され、高精細で安定した画像を得ることができます。

またosirixにより拡大や縮小、濃淡などをスピーディーかつ簡単に行うことができます。

今後も動物の負担軽減や診断精度の向上をめざして新たな機器を導入した際はご紹介させていただきます。

IMGP4295